2010年1月頃、システムエンジニアからフリーランスの実務翻訳者へ転向。 翻訳者として日々出会うであろう、お仕事・生活・人・手続き・幸せ・苦労・雑感などを、 一歩一歩記録していくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年3月振り返り
2011年04月06日 (水) | 編集 |
2011 年 3 月の振り返りです。


■ 翻訳

・英日翻訳:60,000 ワード
 - 内容:ソフトウェアマニュアル、従業員アンケート、社内レター/メール、ホテル Web など
・その他:ソフトウェアマニュアルレビュー(8h)
・働いた時間 合計:約 200 時間


■ 手続き/環境

・確定申告の書類作成、確定申告(3/9)


■ 雑感

- 良かった点

3 月はやはり繁忙期でした。
翻訳ワード数、働いた時間ともに過去最高となりました。
(東日本大震災以降、「今後のお仕事が減るかもしれない、
今できるだけ頑張っておこう」という思いから、かなり詰め込んで
働いたということもあります。)

その他、これまでは、案件ごとの合計の働いた時間のみを
記録していたのですが、この月の初旬から、Outlook のカレンダー
機能に働いた“実績”を視覚的に残すようにしました。
(本来は予定を入力する機能なのですが)

これによって、「真夜中ばかり働いている」などの問題点が
浮き彫りになって、働く時間帯が少しずつ改善されてきたように
思います。「見える化」は大事。


- 反省点

残念ながら 1 件納期までに納品できないものがありました。
TagEditor でタグがあまりにも多い、ファイル数が 200 近い、
あまり精通していない製品、ということで予想よりも多く時間が
かかりました。10000 ワード規模の案件だったので、納期前の
体力だけで押し切ることができませんでした。

翻訳会社さんもその事情を理解してくださったのですが、
本来許されないこと。今後はそのような案件でも工夫して
納期内におさめるよう取り組む必要があります。


また、震災直後に取り組んだ案件では、いつもの倍の時間が
かかりました。

・不安の中、効率自体が落ちた
・情報が気になり、テレビを見「ながら」 Twitter をし「ながら」。
さらに不安が増長される
・そのような中、品質を確保するため、見直し回数を増やす

という状況に陥っていました。在宅の仕事で情報が得やすい
という点が今回はマイナスにも働きました。同じような翻訳者
さんは多かったのではないでしょうか・・。

どんな状況でもプロとしては冷静に対応していきたいです。
(それでも今回はどうしようもなかった、それくらいのことが
起きてしまったのですが・・・)


- その他

震災やその後の計画停電を機に、ノート PC の購入や WiMAX 契約などを
行い、翻訳環境を整備しました。

また、初めての確定申告(青色)も、いったんは無事に済みました。
「やよいの青色申告」というツールを使って、非常に簡単に書類作成で
きました。入力に時間がかかりましたが・・・(汗

このあたりを今後またブログにまとめたいと思います。
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/24(Sun) 23:17 |   |  #[ 編集]
↑了解いたしました!ご連絡ありがとうございます。
2011/04/24(Sun) 23:27 | URL  | こあ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。