2010年1月頃、システムエンジニアからフリーランスの実務翻訳者へ転向。 翻訳者として日々出会うであろう、お仕事・生活・人・手続き・幸せ・苦労・雑感などを、 一歩一歩記録していくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年2月振り返り
2011年04月05日 (火) | 編集 |
フリーランス翻訳家として 2 年目に突入した、
2011 年 2 月の振り返りです。

■ 翻訳

・英日翻訳:40,000 ワード
 - 内容:ソフトウェアマニュアル、ネットワーク系教材、ハードウェア Web 翻訳など
・その他:翻訳会社さんサイトで新案件に関する研修(1日)
・働いた時間 合計:約 145 時間

■ 手続き/環境

・確定申告準備

■ 雑感

- 良かった点

新しい案件に関する研修という形で、主要お取引先の 1 社の翻訳会社さんに
訪問することができました。研修内容はスタイルや翻訳内容の確認で、
他の案件と比較すると確かに注意点の多い案件だったため、研修があって
よかったと思います。また、普段お世話になっているコーディネーターさん達に
ご挨拶できました。

この案件(ソフトウェアマニュアル翻訳)は 3 週間ごとに定期的に発生する
ということなので、継続して発注していただけるよう頑張りたいです。

- 反省点

「働いた時間」だけを見ると、もうちょっと頑張れたかなぁと思いますが、
思ったほど引き合いが来なかったというのが正直なところです。
忙しい時期のはず・・と思っていたのですが(汗

ビジネス系の案件が多い翻訳会社さんとのお取引が以前よりも減っている
ため、相対的に IT 系(マニュアル、Web)の比率が高くなっています。

得意分野に集中的に対応できているということであり、このこと自体は悪いこ
とではないですが・・・、さまざまな分野の翻訳に取り組めるようになりたい
という目標もありますので、今後の課題としたいと思います。

テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。