2010年1月頃、システムエンジニアからフリーランスの実務翻訳者へ転向。 翻訳者として日々出会うであろう、お仕事・生活・人・手続き・幸せ・苦労・雑感などを、 一歩一歩記録していくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Excel 用語集から TM にインポート、しかし・・
2010年09月12日 (日) | 編集 |
今担当しているゲームのマニュアル和訳では、詳しい Excel 用語集
(おそらく、UI 文字列をまとめたもの)はあるものの、
前バージョンのマニュアルの TM 自体はない、という案件のため、

作業の効率化のために、Translator's Workbench の TM に用語集を
インポートしてみることにしました。

以下のサイトに、Excel から Translator's Workbench に
インポートできる便利なツールがありましたので拝借。

■ Web サイト:
xls2tm.jar ... MS-Excel データを Translator's Workbench にインポート可能な形式に変換するツール

【簡単な手順】
・Translator's Workbench で TM を新規作成
・Excel の用語集から、A 列に日本語、B 列に対応する英語のみを
記載したシンプルな入力ファイルを作成(※)
・サイトから xls2tm.jar ファイルをダウンロードし、
入力ファイルと同じフォルダにおく
・コマンドプロンプトを起動し、このフォルダに移動
・上記サイトにあるコマンドを実行
(-i パラメータに入力ファイル名、-o パラメータに出力ファイル名)
・Translator's Workbench のインポートから、出力ファイルを
指定してインポート


この状態で数時間、作業を進めてみたものの、全くこの用語集の
表現が表示されない・・・。「おかしいなぁ」と思いつつ、
前バージョンの英語マニュアルと日本語マニュアルを参照して、
手作業で用語を抽出してました。
(Excel 用語集の表現は全部 TM にあるものだと思って、
Excel 用語集自体もしばらく見ていなかったのです)

前バージョンの日本語版マニュアルがスキャナしたものであり、
テキスト検索できないので、余計に時間がかかります。

その後、あまりにも思った通りに TM の用語を利用できないので、
もう一度インポート手順を見なおしてみると・・・

・・・上記(※)部で、誤って A 列を英語、B 列を日本語にして
いたのでした(涙) そりゃ無理だわ。


インポートをやり直すと、ツールの訳語検索で用語を次々と調べる
ことができ、見出しなどではそのまま用語集の表現を使用できる
ものもあるので、作業がサクサク進むようになりました。

Excel 用語集を参照しながら作業するよりも速いので(アプリ切り換え
の手間が省ける)、TM への「用語集のインポート」自体の威力も
感じながら、作業を進めています。次からも活用しよう。

今回、翻訳ツールなしの場合に、用語の調査にいかに時間がかかるか
を実感しました。
普段は文句ばっかり言っている Trados ですが、たまには見直して
みようと思います。

テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。