FC2ブログ
2010年1月頃、システムエンジニアからフリーランスの実務翻訳者へ転向。 翻訳者として日々出会うであろう、お仕事・生活・人・手続き・幸せ・苦労・雑感などを、 一歩一歩記録していくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英日翻訳の定石 2 - including, but not limited to -
2010年02月04日 (木) | 編集 |
英日翻訳の定石 第2回です。
→ 第1回 provide

2. including, but not limited to, ... : ~などが含まれるがこれらに限定されない

【類似表現】
・including, without limitation, ...
・without limiting the generality of the foregoing

【説明】
ソフトウェア使用契約書などの契約関連の文書で多用される語です。
「...」の箇所に具体例を挙げるものの、契約の条件としてはこれらに限定
されない、ということを明示するものです。

調べてみると色々な訳し方があります。
(じゃあ「定石」じゃないやんっ、という突っ込みは置いておいて・・)

以下で紹介する書籍では、「~のような」「~など」という、すっきりと
した訳出がされており、好感が持てます。

--------------------------------------------------
英語例:
causes beyond its control and without its its fault
including, but not limited to, acts of God, civil commotion, strikes...

訳例:
天災、内乱、ストライキ...のような不可抗力かつ自身の過失でない原因
--------------------------------------------------

また、以下のように「限定されない」という意味を明示する訳もあり
ます。こうするとどうしても文が長くなりますが、具体例を挙げる部
分をかっこ書きにして、少しでも読みやすくしようとしています。

--------------------------------------------------
英語例:
All intellectual property rights, including, but not limited to
trademarks, copyright and patents remain in the hand of XXX.

訳例:
すべての知的財産権(商標、著作権、および特許などが含まれますが
これらに限定されません)は、XXXが所有します。
--------------------------------------------------

しかし正直、including, but not limited to は、一般的な感覚からは
「回りくどいなぁ」と思いますよね。

こちらのブログ がこの疑問に対する一つの答えを与えてくれています。

こちらの説明によると、including のみにしたときに、これらの具体例
のみに制限的に解釈した裁判所があり、その由来で「制限されない」と
念押しして書くようになったようですね。
そして本来は including のみでも十分だろうという見解が法学者の間
では多い、ということでした。勉強になりました。

英日翻訳者としてはどのように訳すべきかは迷いますね。
定型的な表現のため、クライアントの過去の訳し方も参考にしたいと思
います。

【参照】
『英文契約書の基礎知識』p.52、宮野準治/飯泉恵美子、ジャパンタイムズ
契約書の翻訳 「includingとincluding, without limitationまたはincluding, but not limited toとは違うのか?」
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
コメント
この記事へのコメント
よく見かける表現ですね
はじめまして。訪問者リストから来ました。
including, but not limited toは、機械の仕様書などでもときどき見かけますが、私は今まで「~などが含まれるがこれらに限定されない」とそのまま訳していました。なるほど、「~のような」「~など」と訳しても問題ないのですね。勉強になりました。

こあさんのブログは翻訳の仕事において参考になるような興味深い記事が多いので、リンクをはらせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
2010/02/05(Fri) 18:05 | URL  | mariko #Xnq8k9Uo[ 編集]
コメントありがとうございます
> mariko さん

including, but not limited to ~ は契約の用語だと思っていたのですが、
仕様書でも使われるのですね。

文書の性質やクライアントの考え方によっても、厳密に訳すかすっきり
訳すかが変わりそうで少し難しいですよね。
(自分としてはすっきり訳したいのですが)

リンクありがとうございます。
先に勝手にリンクを貼らせていただいていました;; 大変失礼いたしました。
mariko さんのブログでは、いつも勉強させていただいております。
これからもよろしくお願いいたします。
2010/02/05(Fri) 18:57 | URL  | こあ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。