2010年1月頃、システムエンジニアからフリーランスの実務翻訳者へ転向。 翻訳者として日々出会うであろう、お仕事・生活・人・手続き・幸せ・苦労・雑感などを、 一歩一歩記録していくブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年のまとめ - 良かった点
2012年02月03日 (金) | 編集 |
フリーランス翻訳者になって2年目、2回目の決算年度が終わりました。

去年は確定申告ぎりぎりに決算を行ったため、てんやわんやになった
のですが、その反省から、今回は1月中に決算を終えることができました♪

では、2011年を振り返ってみたいと思います。


<良かった点>

☆ 売上アップ!

1年目の売上と比較して、すべての月で月間売上を伸ばすことができ、
目標を大幅に超えることができました。
この点が2011年で一番評価できるかなと思います。

売上アップの原因はおそらく、次のような点があると思います。

・2010年は、翻訳会社5社さんから、さまざまな種類の細かな案件に少しずつ
対応することが多かった。初めての仕事に戸惑うことも多々あった。

2011年は、得意なIT英日翻訳の中型、大型案件をいただける翻訳会社
2社さんに作業時間を集中させた。
集中させたことで、同じソースクライアントさんのお仕事を継続的に
いただけた。


☆ 作業効率アップ!

2010年は、英日翻訳で 250word/1日 程度の作業効率でしたが、
2011年は 300~400word/1日 程度にまで効率が上がりました。

これも、得意な翻訳を集中的に行ったことがおもな原因だと思いますが、
その他TradosやIdiomという頻繁に使用するツールの癖に慣れ、機能を活用
できるようになったことも大きいかなと思います。


☆ 好きな分野の翻訳!

データベースや特定プログラミング言語など、SE時代に自分が特に好きだった
分野の翻訳が増えました。
あるソースクライアントさんの案件を継続的に受注できるようになったから
ですね。

翻訳は「仕事をしながら勉強もできる(知的好奇心が満たされる)」という
すばらしいメリットがあるのですが、好きな分野であるほどそのメリットが
強く感じられますね。


反省点については次のエントリで。
スポンサーサイト
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
2011年5月振り返り
2011年06月07日 (火) | 編集 |
2011年5月の振り返りです。

■ 翻訳

・英日翻訳:63,000 ワード
 - 内容:IT企業Web翻訳(4月の続き)、ソフトウェアマニュアル、社内教育パワポ、従業員アンケートなど
・その他:特になし
・働いた時間 合計:約 140 時間


■ 手続き/環境

・2011年の経理入力を開始(やよいの青色申告)←遅いですよね・・


■ 雑感

- 良かった点

5 月中旬まで、3, 4 月の受注の勢いが続きました。
去年と比べて、大型(私の中では 1 万ワード以上)の案件を
任せていただけるようになったのは、2 年目翻訳者として
少し成長したのかな、と感じています。

IT 翻訳として、データベース関連の案件をいただけるように
なったことは、元データベース関連製品エンジニアとしてうれしい
ことです。何だかんだで、IT の中ではデータベースが一番
好きなのだろうと思います。楽しみながら翻訳できる幸せ。


- 反省点

働いた時間が少ない・・(汗 記入漏れがありそうですね。
予実管理がなかなかうまくいかないです。
フリーランスの自己コントロールの難しさ。

性格的にもともときっちりした方ではないのですが、
安定的に今後続けていくためにも、自分の仕事のコントロール
をしっかりしなければ。
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
2011年4月振り返り
2011年06月07日 (火) | 編集 |
振り返ってばっかやん、という心のツッコミに耐えながら、
2011年4月の振り返りです。


■ 翻訳

・英日翻訳:67,000 ワード
 - 内容:IT企業Web翻訳、ソフトウェアマニュアル、IT試験問題、従業員アンケート、ホテル Web など
・その他:ソフトウェアマニュアルレビュー、用語修正(20h)
・働いた時間 合計:約 210 時間


■ 手続き/環境

・ATOKの導入


■ 雑感

- 良かった点

3 月も忙しかったのですが、それ以上に忙しい月でした。
約 35,000 ワードの大型案件(IT 企業 Web)をいただき、
その対応が一日に 2,000 ワードずつ入る中、
空いた時間で他の案件も対応する、という毎日でした。

この企業 Web 案件はマーケティングの度合いが高く、
マニュアル翻訳などのかっちりした資料とは異なり
少しくだけて、かつ敬語も適時織り交ぜるというスタイルに
難しさを感じましたが、やりがいのある分野だと思いました。
コピーライティングの勉強もしたいですね・・。

「案件をなるべく断らない」というスタンスで何とか
1 か月もったのもよかったと思います。


- 反省点

多めのレビュー案件があったのですが、改めてレビューの難しさを
感じました。

2 人の翻訳者さんによる、繰り返しの多い 5 本のマニュアル案件を
レビューし、1 日 1 本ずつ納品していたのですが、
繰り返し部分の翻訳が、後の翻訳者さんの訳の方がしっくりくることを、
すでに何本か納品済みの状態で気づく、といったことがありました。

時間的に厳しい案件でしたが、翻訳者さんが異なる場合は、先に
両方をざっと見ておくというプロセスが必要なのかも・・と感じて
います。
まだ自分の中ではレビュープロセスが確立できていないです。
試行錯誤ですね。


この月に頑張りすぎたせいか、反動が 5 月末頃にきてしまい、
やる気と体調が落ちてしまいました(汗
まだまだこのあたりのコントロールが甘いなぁと思います。
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
2011年3月振り返り
2011年04月06日 (水) | 編集 |
2011 年 3 月の振り返りです。


■ 翻訳

・英日翻訳:60,000 ワード
 - 内容:ソフトウェアマニュアル、従業員アンケート、社内レター/メール、ホテル Web など
・その他:ソフトウェアマニュアルレビュー(8h)
・働いた時間 合計:約 200 時間


■ 手続き/環境

・確定申告の書類作成、確定申告(3/9)


■ 雑感

- 良かった点

3 月はやはり繁忙期でした。
翻訳ワード数、働いた時間ともに過去最高となりました。
(東日本大震災以降、「今後のお仕事が減るかもしれない、
今できるだけ頑張っておこう」という思いから、かなり詰め込んで
働いたということもあります。)

その他、これまでは、案件ごとの合計の働いた時間のみを
記録していたのですが、この月の初旬から、Outlook のカレンダー
機能に働いた“実績”を視覚的に残すようにしました。
(本来は予定を入力する機能なのですが)

これによって、「真夜中ばかり働いている」などの問題点が
浮き彫りになって、働く時間帯が少しずつ改善されてきたように
思います。「見える化」は大事。


- 反省点

残念ながら 1 件納期までに納品できないものがありました。
TagEditor でタグがあまりにも多い、ファイル数が 200 近い、
あまり精通していない製品、ということで予想よりも多く時間が
かかりました。10000 ワード規模の案件だったので、納期前の
体力だけで押し切ることができませんでした。

翻訳会社さんもその事情を理解してくださったのですが、
本来許されないこと。今後はそのような案件でも工夫して
納期内におさめるよう取り組む必要があります。


また、震災直後に取り組んだ案件では、いつもの倍の時間が
かかりました。

・不安の中、効率自体が落ちた
・情報が気になり、テレビを見「ながら」 Twitter をし「ながら」。
さらに不安が増長される
・そのような中、品質を確保するため、見直し回数を増やす

という状況に陥っていました。在宅の仕事で情報が得やすい
という点が今回はマイナスにも働きました。同じような翻訳者
さんは多かったのではないでしょうか・・。

どんな状況でもプロとしては冷静に対応していきたいです。
(それでも今回はどうしようもなかった、それくらいのことが
起きてしまったのですが・・・)


- その他

震災やその後の計画停電を機に、ノート PC の購入や WiMAX 契約などを
行い、翻訳環境を整備しました。

また、初めての確定申告(青色)も、いったんは無事に済みました。
「やよいの青色申告」というツールを使って、非常に簡単に書類作成で
きました。入力に時間がかかりましたが・・・(汗

このあたりを今後またブログにまとめたいと思います。
テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
2011年2月振り返り
2011年04月05日 (火) | 編集 |
フリーランス翻訳家として 2 年目に突入した、
2011 年 2 月の振り返りです。

■ 翻訳

・英日翻訳:40,000 ワード
 - 内容:ソフトウェアマニュアル、ネットワーク系教材、ハードウェア Web 翻訳など
・その他:翻訳会社さんサイトで新案件に関する研修(1日)
・働いた時間 合計:約 145 時間

■ 手続き/環境

・確定申告準備

■ 雑感

- 良かった点

新しい案件に関する研修という形で、主要お取引先の 1 社の翻訳会社さんに
訪問することができました。研修内容はスタイルや翻訳内容の確認で、
他の案件と比較すると確かに注意点の多い案件だったため、研修があって
よかったと思います。また、普段お世話になっているコーディネーターさん達に
ご挨拶できました。

この案件(ソフトウェアマニュアル翻訳)は 3 週間ごとに定期的に発生する
ということなので、継続して発注していただけるよう頑張りたいです。

- 反省点

「働いた時間」だけを見ると、もうちょっと頑張れたかなぁと思いますが、
思ったほど引き合いが来なかったというのが正直なところです。
忙しい時期のはず・・と思っていたのですが(汗

ビジネス系の案件が多い翻訳会社さんとのお取引が以前よりも減っている
ため、相対的に IT 系(マニュアル、Web)の比率が高くなっています。

得意分野に集中的に対応できているということであり、このこと自体は悪いこ
とではないですが・・・、さまざまな分野の翻訳に取り組めるようになりたい
という目標もありますので、今後の課題としたいと思います。

テーマ:SOHO・在宅ワーク
ジャンル:ビジネス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。